アカモクソープ 開発の経緯

数年前に中小企業基盤整備機構の支援する6次化に関わる地域活性化プロジェクトに参加する機会を頂きました。
1次産業者が自分で獲ったものを企画考案して、商品化したり、1次産業者と地元の企業がコラボして商品化したりとアドバイザーという立場ではありましたが、たいへん勉強になるものでした。

そんな時、自分の地元逗子に置き換えて考えたときに、これというお土産がないことに改めて実感。

何か作ってみるか? ということで、地元で獲れる何かあるかなと思っていたときに、思いついたものが、1番最初に書かせてもらった、佐島で出会ったアカモクというものでした。

ヘルシー、海草の王者! フコイダン? どうも体にすこぶるいいらしい、、。
middle_1334107186

単純に、食べて体にいいなら、いろいろな用途がありそうだなと。
しかもこれを使って何か作る場合、海岸に普通に打ち上げられていて、原材料の入手はいざとなれば0円。

と思いながらネットでなんとはなく地域資源など活用した補助金などないかなぁと度々思っていたところ、「小規模事業者が、女性や若手の経営者・従業員の感性やアイデア等を生かした新商品・新サービスを開発し、早期に市場取引を達成することが見込まれる取組を支援することを目的とした小規模事業者活性化補助金」というものを募集していて、これは使えそうだな、、、ただよく見ると締め切りまであと10日しかない。。。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2013/130628koubo.htm

もっとアカモクのことを調べないと!!!

ご購入はこちらから→ アカモクソープウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>